認知症の予防や体に良い食品を知ろう~元気にhealthy~

woman

しみの対処

美容の大敵、紫外線。

薬

紫外線は、お肌の大敵です。 肌の老化の原因のほとんどは紫外線だと言われています。紫外線を浴びると、しみ、そばかすだけでなく、たるみやシワまで出来てしまうのです。 そうならない為に、肌に良いとされているビタミンCなどの成分が入ったサプリや医薬品などが売られています。飲むタイプの薬が有効的です。サプリは医薬品ではなく、食品にあてはまるので、気軽に試すことが出来ます。 地上に届く紫外線にはA派、B派とあり、しみやそばかすをつくる原因となるのはB派です。 日焼けすると、赤くなったり黒くなったりするのがこちらです。 たるみやシワを作るのはA派で、こちらは窓ガラスも通過します。肌の奥まで到達し、コラーゲンを破壊して、時間をかけて肌を老化させます。 しみ、そばかすがあるとどうしても老けて見えるので、女性は紫外線を浴びてはいけないのです。 紫外線の他にも、しみ、そばかすを作る原因はあります。 メイクを落とす時にこすったりすることで、出て来てしまうのです。 特に日焼けしてしまった日にこすってしまうとひどく肌の負担になるので、その場合は薬をぬらなければなりません。

しみ、そばかすの対処法

しみ、そばかすの対処法は、大きく分けて3つあります。 まずは紫外線を浴びないこと。 結局これが一番効率がいいです。初めからしみ、そばかすを作らないようにするのです。 もしお出かけなどで紫外線を浴びる日が分かっているなら、事前に飲んでおくと良いサプリやお薬もあるので、上手に活用すると良いです。 もうすでに出来てしまったしみ、そばかすに関しても対処法はいくつかあり、 まず一つ目は美容皮膚科を受診して、レーザーを当ててもらう、飲み薬や塗り薬を処方してもらうことです。 二つ目はメイクです。コンシーラーを使い、しみ、そばかすをごまかします。この方法はただごまかしているだけで、本当に消すわけではないので、ノーメイクのときには見えてしまうのがデメリットです。