認知症の予防や体に良い食品を知ろう~元気にhealthy~

woman

認知症の予防を考える

サプリメントが補助的役割を担います

薬

認知症は、加齢と共に脳の機能が衰えることで発症しやすくなると言われています。神経線維の変化や特定物資の蓄積などが認知症の要因として挙げられており、脳に一定の変化が現れてくることが指摘されているのです。こういったトラブルを予防するために、現在では様々なサプリメントが発売されています。こういった商品を認知症の予防のために取り入れるのも一つの方法です。 サプリメントの中でも特に効果が期待されているのが、例えば水素を配合した商品です。水素は体内の活性酸素を抑える働きがあるため、活性酸素の害による脳機能の老化を予防する効果が期待されています。水素のサプリメントは、現在通販などを利用して簡単に購入することが出来るのです。

認知症と類似した病気もあるのです

高齢者に物忘れの症状が見られた場合には、現在まず第一に認知症が疑われています。ですが、一見認知症のような症状が現れている場合でも、まれに他の病気が関わっていることがあるのです。例えば、高齢者のてんかんが挙げられます。てんかんの場合にも、認知症のような物忘れの症状が現れます。性格が一時的に変化することも多く、周囲は認知症との区別が出来ないことも多いのです。 てんかんの場合には、認知症とはまた別の治療を行なうことが必要になります。最近増えている物忘れ外来ではこういった病気の見極めも行なっているため、判断に迷う場合には早目に専門医に相談することが必要になる訳です。認知症や予防策に大きな関心が集まっている現在、時に病気を見誤る可能性があることを心に留めておく必要があります。