認知症の予防や体に良い食品を知ろう~元気にhealthy~

woman

肝臓の働き

主な原因は肥満と飲酒

薬

近年、主として中高年の人に多い病気として話題となっているのが、脂肪肝です。 脂肪肝とは肝臓内に脂肪が溜まり、機能障害を引き起こす病気です。初期にはほとんど自覚症状がなく、健康診断などの際に初めて発見される例が大半ですが、放っておけば肝硬変や肝臓ガンなどの極めて危険な病気を併発することもあります。 脂肪肝は肥満とアルコールを原因とするものが大半です。つまり簡単に言えば食べ過ぎ・飲み過ぎが良くないということになります。ただし最近ではやせている人やお酒をあまり飲まない人でも発症するケースが目立っています。これは偏りのある食生活に問題があるものと考えられています。 したがって、脂肪肝を改善するにはこうした生活習慣を改めることが重要です。また、肝臓の働きをサポートするサプリメントなどを積極的に利用するのも有効です。

サプリで肝臓の働きを助ける

脂肪肝の改善のために生活習慣を改めるとは、要するに暴飲暴食を慎むということです。アルコールの摂取を控えるとともに、食事の量も減らすようにします。もちろん単純に量を減らしただけでは身体に必要な他の栄養素が不足してしまうおそれがあるので、バランスに注意しつつ脂肪量を減らしていくようにします。 サプリメントを利用する場合は、肝臓の働きを活発にする成分が配合されているものを選ぶようにします。具体的には、タウリンやオルニチンなどが有効だと言われています。 また、悪玉コレステロール値を下げる効果のあるサプリメントも脂肪肝の改善に役立ちます。EPAやDHA、食物繊維を配合したサプリメントなどがこれに当たります。